So-net無料ブログ作成
検索選択
前の1件 | -

Haxe OpenFLでSpriteに背景画像やテキストを設定

Haxe OpenFLでSpriteに背景画像を割り当てたり、テキストを表示させたりする例。

// スプライト作成
// 必須クラス
import openfl.display.Sprite;
import openfl.display.Graphics;

class Main extends Sprite { の直下でメンバ変数を定義
private var Sp:Sprite;
private var Sp_Bitmap:Bitmap;

あとは init や new 内で
Sp = new Sprite();
Sp.graphics.beginFill(0xff0000);
Sp.graphics.drawRect(x座標, y座標, 幅, 高さ);
stage.addChild(Sp);

// スプライトに背景画像を割り当てる
// 必須クラス
import openfl.display.Sprite;
import openfl.display.Bitmap;

class Main extends Sprite { の直下でメンバ変数を定義
private var Sp:Sprite;
private var Sp_Bitmap:Bitmap;

あとは init や new 内で
Sp = new Sprite();
Sp_Bitmap = new Bitmap(Assets.getBitmapData("img/画像ファイル名"));
Sp_Bitmap.width = 画像の幅;
Sp_Bitmap.height = 画像の高さ;
Sp_Bitmap.x = x座標;
Sp_Bitmap.y = y座標;
Sp.addChild(sp_Bitmap);

// Spriteにテキストを設定
// 必須クラス
import openfl.text.TextField;
import openfl.text.TextFormat;
import openfl.text.TextFormatAlign;

class Main extends Sprite { の直下でメンバ変数を定義
private var Sp_Field:TextField;

// テキストフィールドの設定
var Sp_Field_Format:TextFormat = new TextFormat("Verdana", 40, 0xffff33, true);
Sp_Field_Format.align = TextFormatAlign.CENTER;
Sp_Field = new TextField();
Sp_Field.defaultTextFormat = Sp_Field_Format;
Sp_Field.text = "Text Field";
Sp_Field.width = 幅;
Sp_Field.height = 高さ;
Sp_Field.x = x座標;
Sp_Field.y = y座標;
Sp_Field.selectable = false;
Sp.addChild(Sp_Field);

// ステージにSpriteを配置
stage.addChild(Sp);

参考
// テキストフィールドのプロパティ
text_field.background = true;                      // 背景の塗りがあるか?
text_field.backgroundColor = 0xFFDDDD; // 背景の色
text_field.border = true;                              // 境界線があるか?
text_field.borderColor =0xAA0000;            // 境界線の色


前の1件 | -