So-net無料ブログ作成
検索選択

コマンドプロンプトでURLに引数を与えてブラウザを開く

ネット上で情報発信を行う際に、ある事柄について調べたい時が多々あるので、効率よくリサーチを行う方法について書きます。

GUIは直感的に作業が行えるのが最大のメリットだと思うのですが、たとえば複数の作業を一気に行うことは苦手とします。

そういう時こそCUIの出番です。

身近なコマンドプロンプトを使っての方法を解説します。

まず、下記のコマンドをコピーして、Windowsのメモ帳に貼り付け「rs.cmd」というファイル名で保存します。
@echo off
setlocal
start iexplore -new https://ja.wikipedia.org/wiki/%1
start iexplore -new https://www.google.co.jp/maps/place/%1

保存先はどこでも構いませんが、この後にPathを通す作業を行いますので、保存先までのPathをコピーしておいてください。

例えば、Cドライブ直下に「Command」というフォルダを作り、その中に「rs.cmd」を置いたのなら
Pathは「C:\Command」となります。

Pathはコンピューターがフォルダやファイルを優先的に探しにいく場所であり、予め場所を明示することで、コマンドライン上においてフルパスを入力することなく、単純にファイル名だけを入力するだけで済むようになります。

エクスポーラーを開き、PCアイコンを右クリック→システムの詳細設定→環境変数と進み、Path→編集→新規でコピーしておいたパスを貼り付けてください。

ユーザー環境変数、システムの環境変数は、どちらでも構いませんが、コンピューターを複数のユーザーで共有しているなら、ユーザー環境変数側に追加した方がよいかもしれません。

パスを通すことでコマンドラインから単純に「rs」とタイプすることが出来るようになります。

拡張子は補完機能が働くので省略することができます。

デスクトップ画面上で「Shift + F10 w」、あるいは「Win + r cmd」でも構わないのでコマンドプロンプトを起動させます。

あとは下記のようにタイプしてコマンドを実行させます。
rs キーワード

キーワードは調べたい事柄になります。

例えば
rs 富士山

とタイプしてEnterで「rs.cmd」ファイル内に列挙されているコマンドが実行されます。

処理内容は「富士山」に基づくウィキペディアとグーグルマップの二つのページが独立したウィンドウで立ち上がるといった内容で、
コマンド実行により、詳細データと位置情報を一気に得ることができます。

ウィキペディアの情報がどこまで信ぴょう性のあるものかは、この際、置いておきます。

IE以外のブラウザも備わっている環境であれば「rs.cmd」ファイルの内容を下記のように書き換えて試してください。
@echo off
setlocal
start iexplore https://ja.wikipedia.org/wiki/%1
start chrome https://www.google.co.jp/maps/place/%1
start firefox https://www.youtube.com/results?search_query=%1

ウィキペディアとグーグルマップ以外にYoutubeも加えた内容です。

数種類のブラウザが入っている環境であれば、各ウィンドウの位置を予め決めておけば、次回の実行からは、より見やすいレイアウトで各ウィンドウを立ち上げることができます。

キーワード内容にもよりますが、GUI環境のようにステップを踏むことなく、一気に違った観点からの情報が得られますので、何かと使い道はあると思います。

「vim」のwindows版を入れている方なら、「vim」でファイル編集中にリサーチが必要になったときなどに、すかさず「:sh」でシェルを起動して「rs キーワード」と入力することで同様の挙動を与えることができます。

各ウィンドウに掲載されている情報を参照しながら「vim」による編集に役立てることもできるはずです。