So-net無料ブログ作成
検索選択

WindowsでHaxe OpenFLを使ったアプリ開発環境の構築

Haxe OpenFLによるアプリ開発環境の構築方法。

Haxeのインストール
下記サイトで、Windows用のインストーラをダウンロードします。

http://www.openfl.org/learn/docs/getting-started/

Haxe のインストールと同時に、仮想マシンの Neko もインストールされます。

デフォルトでは、C:\HaxeToolkit\ に Haxe と Neko がインストールされます。

Haxe のインストールが終了したら、lime((Light Media Engine)単一コードベースでクロスプラットフォームを実現する抽象レイヤー)) をインストールします。

lime(Light Media Engine)とは、単一コードベースでクロスプラットフォームを実現する抽象レイヤーです。

コマンドプロンプトで、下記のコマンドを実行します。

cd で C:\HaxeToolkit\haxe に移動します。
cd c:\HaxeToolkit\haxe

lime のインストール
haxelib install lime

lime のセットアップ。
haxelib run lime setup

OpenFLのインストール
C:\HaxeToolkit\haxe 内のまま、下記のコマンドを実行します。
lime install openfl

これで、Haxe の OpenFLライブラリによる開発環境が構築されました。

サンプルプロジェクトを実行する
まずは、サンプルプロジェクトを置く場所を設定します。

任意の場所で構いませんが、ここでは単純にコマンドプロンプトを起動させた初期フォルダ C:\Users\ユーザー名 の中に app というフォルダを作成してその中に各プロジェクトを入れていきます。

app というフォルダを作成
C:\Users\ユーザー名>mkdir app

作成した app フォルダ内に cd を使って入ります。
cd app

サンプルプロジェクトのリストを表示させます。
lime create openfl

サンプルプロジェクトのリストが表示されます。
You must specify a template when using the 'create' command.

 Usage: lime create library:project "com.package.name" "Company Name"
 Usage: lime create library:sample "OutputDirectory"
 Usage: lime create extension "ExtensionName"

 Available Samples: openfl

  - ActuateExample
  - AddingAnimation
  - AddingText
  - DisplayingABitmap
  - HandlingKeyboardEvents
  - HandlingMouseEvents
  - HerokuShaders
  - PiratePig
  - PlayingSound
  - SimpleBox2D
  - SimpleOpenGLView
  - HerokuShaders
  - SimpleAudioExample
  - SimpleOpenGL

サンプルのリストの中から PiratePig をインストールしてみます。
lime create openfl:PiratePig

これで C:\Users\ユーザー名\app フォルダ内に、サンプルプロジェクト PiratePig がインストールされました。

サンプルプロジェクトをビルドする
lime build PiratePig neko

エラーメッセージが表示されなければビルド成功です。

サンプルプロジェクトを実行してみましょう。

C:\Users\ユーザー名\app\PiratePig\Export\windows\neko\release\bin 内に PiratePig.exe という実行ファイルが作成されていますので、ダブルクリックするとアプリが実行されます。

コマンドプロンプトから実行させるなら cd で PiratePig フォルダ内に入り、
cd PiratePig


lime test neko
とか
lime test flash
とかすると実行されます。

アンドロイド端末をUSB接続してデバッグを行う方法。